スーツの男女

製造の請負のことならOEMに決まり!生産コスト削減につながる

薬事法の心配なし

メイク用品

輸入化粧品の販売を行なうためには、まず薬事法に準拠している証明としてライセンスを取得する必要があります。また手続きなどで色々と時間的コストも発生するでしょう。そういった問題を解決するのに便利なのが、化粧品輸入代行サービスですよ。

もっと読む

調査に関すること

握手

ベトナムの市場へ参入を図っているのであれば、一度コンサルティング会社のアドバイスを受けると良いかもしれません。コンサルティングは、マーケティング調査のサポートなどを行なってくれますので頼りになりますよ。

もっと読む

不足生産能力を補う方法

オフィス

新規ブランドを立ち上げたい企業にとっては、OEMメーカーが提供しているOEM製造請負サービスはとても便利だといえます。何故なら、OEMメーカーに製造を依頼することによって、自社工場を持たずともブランド名の商品として販売することができるからです。自社工場は生産活動を行なえるのでとても便利ですが、場合によってはリスクを伴う可能性があります。まず、自社工場を所有するとなると、建築費が発生します。それから、工場を管理するための費用や維持費などもかかるでしょう。ブランド立ち上げが上手くいき商品が売れて利益が得られれば問題はないのですが、そうでない場合かなりの赤字を伴う危険性があります。そのため、自社工場を持っていないけれど商品開発を行い、市場へ参入したいという企業はOEMメーカーに商品製造を請負ってもらうのも1つの選択肢なのです。また、それだけではなくて、生産能力の低さを補うという目的でも、OEMメーカーへの業務委託はメリットがあります。幾ら販売能力に優れていても、生産能力が低ければ質の良い商品をブランド側が提供することができません。しかし、OEMメーカーであれば、製造に必要な設備、そして技術力に秀でた人材が揃っています。それ故に、OEMメーカーに製造を請負ってもらうことによって、販売に集中することができるのです。

OEMメーカーに商品製造を依頼する時には、頼るメーカーに関する情報をしっかりと集めておくことが大切です。ホームページなどでどういったコンセプトで生産を進めているのか把握しておきましょう。

販売力を補えること

ファンデーション

化粧品市場は競争率が高いので、新しく参入するのであればOEMメーカーに製造を委託するのも検討する必要があるかもしれません。メーカーによってサービス内容が変わってきますので、依頼するのであればその点を考慮しましょう。

もっと読む