男の人

製造の請負のことならOEMに決まり!生産コスト削減につながる

薬事法の心配なし

メイク用品

輸入化粧品の販売を検討している企業にとって考慮しなければならないのが薬事法についてです。薬事法というのは、国が定めている品質管理に関する法です。薬事法では、様々なことが規定されています。例えば、国内で扱える商品や成分などです。それ故に、外国では問題なく扱える化粧品なども、日本の薬事法が影響して販売できないといったこともあり得るのです。化粧品を輸入する際には、販売以前にそもそも薬事法にひっかかる商品や成分は検閲時にとめられる可能性があります。更に、輸入できたとしても商品の販売や開発時の検品で、薬事法に準拠していないと判断されて販売をとめられることもあり得ます。そのため、化粧品を輸入するのであれば、薬事法に準拠していることを国に証明することが大切です。証明時にはライセンスが必要になるので取得しておきましょう。

ライセンスを取得していない企業には化粧品輸入代行サービスがオススメだとされています。化粧品輸入代行サービスとは、企業に変わって業者が化粧品を輸入してくれる点が特徴ですよ。業者の中には化粧品輸入代行サービスだけではなくて、他にも商品の成分分析を行ない書類作成してくれる所も存在します。輸入化粧品の製造や販売を実施する時には、国に対して様々な書類を提出する必要があります。また手続きも行なわなければならなくなるので、色々と時間がかかることが懸念されます。そういった手続きなどを請負ってくれる、化粧品輸入代行業者も存在します。そういった業者に依頼することによって、時間的コストの削減にも繋がるでしょう。